=銀行系のモビット=10秒審査!限度額300万円、年利15.0〜18.0%
「価格.com自動車保険」あなたは払いすぎている!

2005年09月26日

BS日テレ『プロポーズ』第14話「最終話」

BS日テレ『プロポーズ』第14話「最終話」

ウォンビンのデビュー作、『冬のソナタ』 のユン・ソクホ監督ということで、知り合いに薦められ?途中から観ていましたが、もう最終回なんですね!
なんか早いなぁ〜!!
とても落ち着いた作品で好きだったのに!!キム・ヒソンが綺麗ですね!!!

内容
映画監督をめざすチョン・スビンと幼なじみのキム・ユラは、お互いに惹かれながらも口ゲンカばかり。だがユラに恋人ができると、スビンは自分の本当の気持ちに気がついて...。「冬のソナタ」「夏の香り」「秋の童話」等ヒットを次々と飛ばし、日本でも絶大な人気を誇るユン・ソクホ監督作品。色彩、光、風景の美しさが高く評価され“映像の魔術師”と呼ばれるユン・ソクホ監督の手がけた初期の傑作テレビシリーズの登場。

第14話(あらすじ)
ユラを車に乗せて空港まで連れて行ったスビンは「最後に会ってこい」と言う。ユラは空港で去っていく彼の後姿を見送る。一瞬振り返ったミンソクはユラに気づくが、そのまま行ってしまった。彼との別れがショックで寝込んでしまうユラ。ユラの母は心配して、スビンにこれまでのことを話してくれと言う。スビンは「僕たちの間には強い絆がある。でもユラはそれを愛情や結婚につながるものとは思っていない、だから結婚にはこだわらず親友として側にいる」と話す。ユラの隣人の詩人が、スビンからユラに渡してほしいと新しい詩集を差し出す。彼は姉の所に引っ越すと言う。その詩集「プロポーズ」はスビンとユラの二人を見て作ったのだと詩人は言った。スビンの仕事現場にユンジュが現れるが、彼女はスビンに声をかけずに立ち去る。そしてユラに電話を入れて留学のことを話す。驚くユラ。寝込んでいるユラをスビンが外に連れ出す。ユラは「いつだって側にいてくれたのに、気づかなかった。今やっと気づいた」とスビンに話す。そんなユラにスビンは「お前が他の誰と一緒になろうとも、お前に対する友情は永遠に変わらない、見守り続ける」と話す。 元気になったユラの誕生日が来た。スビンはと特大のケーキでユラを驚かしお祝いする・・。

演出
ユン・ソクホ

脚本
チェ・ユンジョン

出演者
チョン・スビン・・・リュ・シウォン
キム・ユラ・・・キム・ヒソン
ヒョンウ・・・ウォンビン
ペク・ミンソク・・・イ・チャンフン
ユンジュ・・・チョ・ウンスク




放送日時
9月26日(月) 21:00〜21:54

『プロポーズ』DVD−BOX












この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


PCで見る韓国ドラマ
Excerpt: 以前にもご紹介しました完全無料のパソコンテレビ(動画)サービス「GyaO」。(過去の記事新たな音楽番組発見!) 新しい韓国ドラマが始まりました。 先ずは2003年韓国で放送されたリ??
Weblog: 幸せをくれるテディベア
Tracked: 2005-09-27 22:25
イチオシ コンピ!
mono_top4
W-ZERO3_234x60
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。